『イギリス留学シリーズ』治安、病院事情は?

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
16年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

治安

相対的に悪くはないですが、日本を基準に考えない事をお勧めします。
どこの国、地域でも危険エリアや時間帯などには気をつけて行動しなくてはならないですし、
自分の身は自分で守る為にも常に情報を入手して色々知っておく事が大事です。
UK POLICE のホームページには 犯罪マップ がありますので知りたいエリアを入力すれば最近の情報が得ることが出来ます。

病院事情

病院費用は NHS保険 システムを利用すれば基本無料です。
(留学生はNHSというイギリスの健康保険加入は義務です。)

NHSの利用の仕方
まず自分の住む地域でかかりつけドクターを見つけ登録しなくてはなりません。
その後具合が悪くなった場合、まずそのドクターの診察後専門医を紹介してもらうシステムです。
自身の行きたい病院、診察してもらいたいドクターを選べる訳ではありません。
概ね予約が必要で、かかりつけドクターで済む病状の場合はそれで良いのですが
かかりつけドクターも専門医もなかなか予約が取れないのが実情です。
歯医者は基本NHS保険が効きませんし、薬代も自費です。

私立病院の利用の仕方
私立病院は全て自身で選択できます。予約もすぐに取れます。
ただ、高額ですので利用する方は民間保険の加入をお勧めします。

犯罪に巻き込まれない、病気にならないように気を付けていても不可抗力の時もあるかもしれません。
自国ではないのでもしもの時の為に民間の傷害保険の加入をお勧めします。
我が家はもしもの時の為に グローブパートナー という傷害保険に加入しています。
日本出国後でも加入可能ですし、国内で出回っている留学保険よりリーズナブルです。
保険を利用せずに済むのが1番ですけどね。

イギリス留学を検討されている方の参考になればと思います。

Photo by Benjamin Voros on Unsplash

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
16年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2019 All Rights Reserved.