国際バカロレア資格からアメリカ正規留学への道

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

以前に国際バカロレアからイギリスの大学に正規留学する場合の記事を記載しましたが、
今回はアメリカの場合です。

日本人がアメリカへ正規留学する場合は多くのアクセス方法があり、
また大学の種類や数も他国に比べて圧倒的に多いので、国際バカロレア資格=(IBDP)を持たずとも
進学方法は色々あります。

アメリカの大学の合否の判断は

1、高校の成績
2、SAT/SAT subjectのスコア
3、TOEFLのスコア(必要かどうかは状況による)
4、エッセイ
5、課外活動
6、ボランティア活動
7、面接
8、推薦状

と色々な要素を絡めて合否が下されます。日本のAO入試に近い感じです。

アメリカは大学の数や種類が多いので誰にでも門戸がオープンな大学も無限にあるので
頻繁に言われる『アメリカの大学は入学が簡単』は難易度が低ければ言える事かもしれませんが
一流大学に入学するのは成績は勿論の事、日本の大学受験とは違った大変さがあります。

課外活動というのは、スポーツ入学でなくても勉学とは別に自分が何に時間を
有効に使ったのか?がとても重要視されたり
ボランティア活動をして自分は世の中にどんな貢献をしているのか?
もとても重要視されます。

日本の入試にはあまり馴染みがないですよね。

世界大学ランキングから見るアメリカの大学

世界大学ランキング上位校が必ずしも素晴らしい大学とは限らない訳ですが、あくまでも
1つの目安とするならば上位100以内の大学のうち3分の1はアメリカの大学です。

World University Rankings 2020

娘の在籍していた高校では、IBDP高得点で、高校生活を色々な活動に費やし実績がある生徒は
アイビーリーグに合格しています。またアイビーリーグでなくても50位以内の大学に
続々と合格しています。

なので、
IBDPは有効ではあるけど、時には足かせにもなったりするの。。。

あみ子

国際バカロレアカリキュラムからアメリカの大学受験は不利なのか?

不利というより時間的にとてもハード。

国際バカロレアを履修している生徒はそのスコアが『1、高校の成績』にあたります。
IBDPプログラムを履修するだけでもハードな上に(とにかく課題が膨大な量)
それ以外に自分でSATの勉強をしてスコアを揃え、
ボランティアを含む課外活動を積極的にこなし、
自分はどういう人物であるのか十分アピールしなくてはなりません。
不利というか、
IBDPだけでもやる事が多いのに、それ以外の事もこなすだけの
体力、気力、時間管理、自己管理を鍛える必要があるのです

その苦労をした分、希望の大学に合格できた喜びは何にも変えがたい自信につながるのだと思います。

個人的には、アメリカの大学しか進学を考えていない場合なら
アメリカンスクール、アメリカの教育カリキュラムを採用している
インターナショナルスクールから受験した方が子供の負担は少ないのでは?
と正直思ったりもする。

あみ子

とはいえ、

国際バカロレア(IBDP)保持者が、多くのアメリカの一流大学に進学しているのは
『国際バカロレアカリキュラムは課題が多く、その上高水準』である事はアメリカの大学も
認知していて、大変なカリキュラムであるにもかかわらずスコアを揃え、
出願条件をクリアしている事自体が評価されていると考えられます。

国際バカロレア資格を利用して受験するならアメリカの大学?イギリスの大学?

結論から言うと、
国際バカロレア資格はアメリカより欧豪州進学向けにより有効かなぁ?
と個人的には思っています。

アメリカ
IBDPスコア(高校の成績)も勿論評価されますが、子供の普段の高校生活全てが受験の評価対象と言っても過言ではない、
その代わり合格確定するのも割と早いアメリカの大学受験スタイル。
イギリス(欧州、オーストラリア、ニュージランド)
とにかくIBDPカリキュラム(課外授業やボランティア含まれる)にしっかり集中して
2年間のプログラムを最後までやり通す。且つ、最終の本番の試験が最重要な
イギリス大学受験スタイル。

詳しく説明すると、
アメリカの大学の合否判断はこの記事の最初に記載しましたが、
イギリスの場合は概ね下記の4点になります。

1、国際バカロレア(IBDP)スコア
2、パーソナルステイトメント(エッセイ)
3、IELTSスコア(受験者の状況による)
4、推薦状
(ボランティア活動は IBDPにカリキュラムに含まれる)


判断基準がアメリカより少ないのです。

が、

アメリカの場合はオファーを貰えた時点で合格確定となるのに比べて
(要するに予測スコアで合格貰えてしまう。早い人は最終学年の11月に決まってします。)
イギリスの場合は5月の最終の本番テストの成績で大学から要求された条件をクリアしていないと
不合格になるのです。
合否の判定が大学入学の2ヶ月前の7月迄分からないので、もし不合格の場合はギャップイヤー
(浪人)をして自分の最終スコアに見合った大学を受験し直す必要があるわけです。


国際バカロレア試験には2度目のチャンスはないので、1回きりの本番のスコアが全てなのです。

カナダはアメリカの大学受験システムに
オーストラリア、ニュージランドはイギリスの大学受験システムに近いです。
(全て国際バカロレア資格で受験する場合です)


要するに、どこの国の大学を受験するのも楽はないので、我が子の特徴や将来の希望に合わせて決めていく必要がありますよね。

まとめ

1、国際バカロレア(IBDP)からアメリカの大学受験はするべき事が膨大な量である。
2、普段から時間や自己のマネージメントが出来る必要がある。
3、普段から日常生活で自己管理や問題解決ができる子供がIBDPカリキュラムからアメリカの一流大学へと合格している。


日本には国際バカロレア資格(IBDP)が取得できるスクールは46校とわずかです。
その46校でさえも、質の安定したスクールはどれぐらいあるのでしょうか?
平均スコアは何点なのか?卒業生の進路先はどのような大学なのか?明々白々ではありません。

ですが、

国際バカロレア資格を持たずとも(こだわらなくても)日本の高校生が正規留学する方法も
ありますし、国による大学のシステムの違いなども
今後紹介していこうと思います。

あみ子



正規留学を検討されている方の参考になれば幸いです。



Image by Free-Photos from Pixabay 

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2019 All Rights Reserved.