国際バカロレア資格を使って『世界大学ランキング』上位の大学を狙う。イギリス編 

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

この記事は『国際バカロレアのディプロマ資格(IBDP)を活用して、イギリスの大学に入学する。』
という事について、実際に受験した娘の経験をもとに親目線で書いています。

国際バカロレア資格とは

国際バカロレア教育に関しての詳しい説明は別記事にするので今回は割愛させていただきますが、
その教育を受けて試験をパスした最終形は下記のような資格になります。

国際バカロレア資格とは
●国際バカロレアのディプロマ (IBDP) 資格は世界中の大学に直接入学ができる、グローバルに通用する国際資格。

●ハイスコアを獲得すると、世界トップクラスの大学へのパスポートになり大変 メリット がある。

●難易度が高く、学力もさることながら、それ以外の非認知的な要素も求められる


今回は大学へ出願時、または最終試験のスコアで、イギリスのどのような大学を狙えるのか?
という事を『世界大学ランキング』を参考にして書きます。

国際バカロレアを活用して狙えるイギリスのトップ大学リスト

3種類の世界大学ランキング(ランク付けの切り口がそれぞれ違います。)を参考にして、
この3種全てにおいて、100位以内に入るイギリスの大学は全部で8大学あります。

オックスフォード
ケンブリッジ
インペリアル カレッジ ロンドン
U C L (ユニバシティー カレッジ ロンドン)
エディンバラ
マンチェスター
キングスカレッジ
ブリストル

言わずと知れた名門大学で、アメリカでいうアイビーリーグのような存在になります。

国際バカロレアで高いスコアを得れば、教育水準の高い大学に出願でき、
直接入学 (1年間のファンデーションコースを履修する必要なし)が十分可能になります。
ちなみに日本の高校卒業資格では、教育のシステムの違いから直接入学は不可能で、ファンデーションコースを履修後、その成績により入学できる大学が決まります。

タイムズ世界大学ランキング
上海交通大学ARWU 世界大学学術ランキング
QS 世界大学ランキング

タイムズ世界大学ランキング
数字は世界ランクです。

1,  オックスフォード 

2,  ケンブリッジ 

9,  インペリアル カレッジ ロンドン 

14,   U C L  

26, L S E

29,  エディンバラ 

38,  キングスカレッジ 

57,  マンチェスター 

78,  ブリストル 

79, ウォーイック

93, グラスゴー

ARWU 世界大学学術ランキング
数字は世界ランクです。

3,  ケンブリッジ 

7,  オックスフォード 

17,  U C L 

24,  インペリアルカレッジロンドン 

32,  エディンバラ 

34,  マンチェスター 

56,  キングスカレッジ 

74,  ブリストル 

QS 世界大学ランキング
数字は世界ランクです。

5,  オックスフォード 

6,  ケンブリッジ 

8,  インペリアルカレッジロンドン 

10,  U C L 

18,  エディンバラ 

29,  マンチェスター 

31,  キングスカレッジ 

38, L S E

51,  ブリストル 

54, ウォーイック
69, グラスゴー
74, ダラム
75, シェフィード
79, バーミンガム
82, ノッティンガム
93, リーズ
96, サウサンプトン
97, セントアンドリュー

実際に申請、合格に必要な国際バカロレア資格のスコア

イギリスの大学入試は、現地の学生も留学生も全て UCAS という機関を通しての受験になり、
そこに大学申請に必要なスコアの目安、合格に必要な条件等が詳細に公表されています。

各大学ともに学部によって要求されるスコアは違うのですが、私がざっと目を通した限りで
学部関係なしで平均的な要求スコアを以下に記します。
(あくまでも参考程度にしてください。)
申請される時は、ご自身で必ず UCAS から大学、学部別に確認されて下さい。

スコアは45点満点です。

ケンブリッジ 42−40
オックスフォード40−38
UCL 38
インペリアルカレッジロンドン38
マンチェスター37−32
エディンバラ 36−32
キングスカレッジ35
ブリストル36−32
実際には+2ぐらい

実際に娘が2017年度に受験した体験談から申し上げると、
申請時の自分の予測点数が要求スコアをクリアしていれば申請はできますが、
実際にオファーを貰えている方のスコアは、このスコアより高いですし、
条件付きでオファーを貰った後でも、結局5月に開催される
本番テストの結果が条件を満たさなかった場合は、残念ながら入学することはできません。
すなわち、不合格となります。

まとめ 国際バカロレアのメリット

この記事からは
・国際バカロレア資格とはグローバルに共通する大学入試資格である。
・ハイスコアを獲得すれば世界トップクラスの大学に申請、直接入学が可能。
・世界大学ランキングから見るイギリスのトップクラスの大学リスト。
・イギリストップクラスの大学に入学する為に必要なスコアの目安。

がお分かり頂けたと思います。

最後に娘の経験談から私の意見を申し上げると

『世界大学ランキング』を絡めて国際バカロレアの良さをアピールするのは
正直抵抗を感じています。
なぜなら、
国際バカロレアの教育システムというのは、学力の向上もさることながら、
 目では見えない非認知的な能力の向上が見込める事   に私はメリットを感じています。

例えば、論理的な思考力、探究心や自分で考える力、主体性、コミニケーション力、自己管理能力、等です。
この見えない能力の向上の先に結果が自ずと付いてくるという教育システムですので、
ランキングを絡めるとどうしてもそれだけに目が向きがちになる事に抵抗を感じています。
ただ、
この素晴らしい教育システムが日本でなかなか浸透しないのには理由があり、
まずは多くの人に知って貰うという観点から考えると、誰にでも分りやすいランキングを絡めて
認知度を挙げるのが有効かと考えています。

次回は、国際バカロレアを活用したイギリスの大学への申請から合格までの
ステップを記事にしたいと思います。


Photo by Startup Stock Photos from Pexels

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2019 All Rights Reserved.