英語育児を頑張るママ必見:大人になったから言える子供の頃の本音

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
16年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

昨夜久々に娘とゆっくり話をした時にこの話になりました。
 ↓

日本語教育に関しての子供の時の記憶。。。

以前の『ママの為のグローバル子育て活動』限定記事でもお伝えしましたが、

我が家の英語教育ですが、娘には良い英語環境だけ整え、あとは学校にお任せしました。
(放任ではないですよ、サポートはしましたが干渉はせずという事です。)

その分、日本語教育に自分がハッスルし過ぎて
日本人家庭なのに英語ではなく、日本語教育に苦労したのです。

自分でも十分認知しているのですが、改めて娘の言葉を書き出すと心が物凄く痛いです。

熱心に教育される子供の本音

1, 自分で他の日本人と比べている
2, 恥をかきたくない
3, ママやパパの期待を裏切れない

大人になった今だから言える娘の子供の時の心の声です。

こんな事を子供に思わせていた母でした。
あぁ〜本当に真っ黒すぎる私の黒歴史。
穴があったら入り込みたい気持ちですが、しっかり直視します。

皆さん、どうか我が子の声だと思って下さい。

『ママの為のグローバル子育て活動』に登録して下さってる方はもう
私が伝えたい本質的部分はお分かり頂いていると思いますし、誤解はないと思いますが、

前回の配信の内容について
Q&Aで頂いた質問の答えとして結論は申し上げています。

例えば
『本帰国迄どれぐらいの英語力があれば良いですか?』とか
『高校受験の帰国枠受験の目安はどれぐらいですか?』とか

それ対してストレートには回答させて頂いています。
するとですね、
途端にママがそれを目標にされたり到達できそうにないと落胆されたりとか有りえそうですが、
『それは違いますよ〜〜〜。』
と、念押しさせて下さいね。

まぁ、そういう内容の返信もなかったので大丈夫だと思いますが。。。

家庭で子供を教育するという事の本質

子供は英語/日本語が好きだったり英語/日本語 背景が好きであれば学習します。
英語に限らず『好き』であれば自分で学習も読書もします。

そこを目指そうという事です。よっ。

だが、しかし、

簡単には言いますが、

それって

目に見え辛いし、
時間がかかるし、
子供の気質によっても違うし、
環境によっても違うし、


正直、ママにとっては簡単に挫折しやすい〜ものなのです。

そして挫折の度にママの心を安心させてくれる教材や情報に飛びつき。。。
それを繰り返すのです。

ヒントはあっても
誰もあなたのお子さんに合う答えなんて教えてくれないし、知らないのです


そのヒントだってね、
ヒントくれくれママだとお子さんも必ず主体性なく育ちます。
ヒントも自分で拾うコツが分かれば、自分に必要な情報が必要な時に拾える様になるのです。


極端に言えば
私からの配信を読んでる時間があれば、
『目の前の自分の子供に集中して下さい、よく見てあげてくださいね。
そこに必ず答えがあります。』
という事なのですよ。

もう一度、
前述の娘の声を裏返して言いますね。

1, 他の子供を見ないでね。 (比べないでね。)
2, 私が間違った時も否定しないでね。 (どんな私も受け入れてね。)
3, 自分の人生を自分の為に生きたい。 (干渉しないでね。)

勿論、小さい子供がこんな事言いませんよ。
だから元子供の娘が代弁しています。

本当にごめんなさい。と、何度も反省しましたが時は戻りません。。。

ですので、偉そうに言える私ではありません。
が、
その失敗があったからこそ気がついた事が多かったのも事実ではありますが。


娘が20歳になっても、40歳になっても、60歳のおばさんになっても
私にとって娘は娘で、つい親心から子供の本音を忘れそうになるので

ここで改めて自戒を込めて書きました。

皆様の家庭教育が
ママも子供にとっても楽しいでいっぱいでありますように。

あみ子

ママのためのグローバル子育て活動
LINEでお友達登録してね

@776kgixt

で検索してね。

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
16年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2020 All Rights Reserved.