能力主義だけで終わらない、『教育先進国』シンガポールの今後の取り組み

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

今までのシンガポールの教育方針

私は約5年ほどシンガポールに住んでいました。
現地では幼児教育関係の仕事をしていましたし、ボランティアでシンガポールの特別支援学校に
月1活動に回った経験もあります。
その中で感じた事や知ってる事を登録メンバーの方にシェアしますね。
第1回目は全体像から見た『教育先進国』シンガポールの今までとこれからについて
1、今までの状態、
2、これからの方針、
3、教員の質、
4、個人が参考に出来る事、
に分けてシェアします。

1、今までの状態

当時、現地校にも見学に行きましたが成績優秀者に対する特別待遇や、母親の子供の成績に関する熱狂ぶりには退いてしまいました。
こんな能力結果主義で、今は良くても将来どうなるんだろう?って正直疑問に感じたのです。

具体的には
・小学生でクラスで1番の子供にはプレゼントが担任のポケットマネーから贈呈されたりする。
しかもみんなの前で。

・優秀で人気の公立小学校に入学させる為に、妊娠中から母親がその学校のスクールボランティアをする。母親は子供をエリートにすることが全て。

・常に子供は友達と競争。

・小学校高学年の共通テストで人生が決まると言っても過言でない。

・アートの絵はみんな一緒(模範を真似る感じ)

勿論、詰め込みで猛勉強させると一時的にある程度はできる様にはなります。
が、やはり子供の成長は心の成長が基礎になると気が付いてるシンガポーリアンの
ママは子供を欧米系のインターに入学させている方もいました。
が、国の制度で
『両親ともにシンガポール人の場合、その子供は欧米出資インターに通学させる事が出来ない』
妙な決まりがあったので、嫌でも現地校もしくは私立のローカルインターという選択肢になり
なるべく周囲の結果主義に流されない努力をされている方もいます。
その分、現地校の学費は全く無料ではないが、ほぼ無料です。
どんなに貧困な家庭でも子供に高度な?教育は絶対に受ける事が出来るのです。

ちなみに多国籍国家ですので、第一言語は英語に統一されています。(シングリッシュですが)
第2言語を中国語として小さいうちから教育を受ける。母語は本当に様々。

2、改善された点 これからの方針

先日、シンガポール人のママ友に話を聞いたところ、以下の回答が返ってきました。

これからの教育方針
1、小学生の子供の成績順位表の掲載を取りやめる学校が出てきた(優秀な学校でも)

2、子供の教科別得意を見つけてあげる事にフォーカスする取り組み。

3、アートの取り組みに熱心な学校を増設する取り組み。

4、産業や企業と学校との連携の強化。

4に関しては以前からそうでしたが、どちらかというと企業がマークしているのは理数に特化した学校との連携という感じでした。
が、
今後はもっと学校を分野別に強化して、その分野が得意な子供と企業を結びつける対策がとられるのだと思います。

お話を聞いたママの話と同様な記事がありましたので、参考にしてください。

ただ、私が話を聞いたシンガポール人のママ友はご主人が日本人で、典型的教育熱心な
シンガポーリアンママとは違いこの情報を前向きに感じています。が、
変化を嫌う人(子供をエリートにする事だけに熱心な人)の考え方を変えるのは容易でなく
何年もかかる。
ともおっしゃっていました。

3、教員の質も違ってくる。

上のリンク記事にありましたが、シンガポールでは
『民間で就労した経験がなければ教員になれない』という話にもの凄く共感しました。

私は企業で営業職として10年弱程勤めてから、教育に関する仕事を始めたのですが、
これは正解だったと自分で感じています。
その理由は3つあります。

・働く母親の思いが分かる。(教育費の捻出)
・狭い園や教室だけの世界で「先生、先生」と言われ続ける奢り感ほど怖いものはない
・経済的自立ができる子供を育てるには、近くの大人が変化する社会の流れに敏感でないといけないと感じた。

特に最後は切実に感じました。

日本の学校の先生って大学を卒業して直ぐに学校に就職する先生が殆どじゃないですか?
悪くはないけど、狭い社会しか知らないとも言えます。しかも就労状況がブラック化してます。
その先生に我が子が将来社会で喰っていける教育を受けるのです。
皆さん、任せられますか?

4、私たち個人が参考にできること。

シンガポールのように小国で独裁政治ではない日本で教育改革が一気に進むことは、
ほぼ期待できないと感じています。が、個人で出来る事はあると思います。

1つ目は
今後は日本の国立大受験のように5教科全て均一にできる必要もなくなってくる。
勿論、出来るに越した事はないですが、シンガポール同様に
『何かその子供に合った、得意を伸ばしてあげる事が大事』になってくるだろうと思います。
それは、家庭で十分出来る事です。
小さいうちに恐れず何でもチャレンジしてみて、何か得意がないか自信喪失する事なくやってみるには
家庭の教育以外にない
と思うのです。

2つ目は
典型的なシンガポールママ同様、『変化を嫌うママ』にならない事。
ブレるという意味ではありません、自分の常識を疑ってみる、思考をしなやかにする事です。

3つ目は
親が子供の社会的なコーチになれば良い。

今後は日本人だから日本教育、シンガポールだからシンガポール教育、オランダ人はオランダ教育、
にこだわる必要なく個人で我が子に合った教育を取り入れていけば良いと思っています。
うちの娘は両親ともに日本人ですが、第1言語は英語で、第2言語は日本語です。
散々外野にアレコレ言われて来たし、迷いもありましたが全然後悔していません。

という事で『ママができる5つの取り組み』でもお知らせしていますが、親が積極的に
世界のニュースに興味を持ったり発信する事で、社会の流れを知りながら自分の軸を確立させる事は
有効ですよ。

皆さん、取り組まれていますか?
形にとられる必要はありません、是非、変化を恐れずに取り組んで
我が子に世界で通用する基礎を小さいうちに固めてあげれる親になりましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2019 All Rights Reserved.