米国セレブによる名門大学への裏口入学事件は、あなたにもあり得ること。

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

ハリウッドセレブだから、巨額だから、度が過ぎたから、という事で名門大学への裏口入学が
大きくニュース になりましたが、実は私たちの日常と何ら変わりないです。
そもそも、アメリカ社会では周知であろう事を思うと、何を今更?と思うのですが、
あえて次に書く私の 庶民の観点 から言うと

親として
我が子のそのままの能力を受け入れられない?
その行為本当に我が子のため?

この切口から見ると
「庶民あるある日常茶飯時」な出来事と一緒なのです。

結局のところ

親は本当の自分を許せてない。
 ↓ なので
本当の我が子の姿も許せない。
 ↓ だから
子供自身も本当の自分を受け入れられなくなる。
この法則が根元にあるのです。

この法則のお陰で、嘘を背負った我が子の存在の方が本人も幸せだという考えなるのです。
昔の私がそうでしたから、よーく分かります。
(セレブからしたら一緒にするな!と失笑されそうですが。)

例えば分かりやすく日常に例えると。

幼稚園の催事で「主役をうちの子に変えてくれ。」という親御さんがいました。
その他大勢の役では親が許せないのです。
自分の中にある認めたくない事実を我が子の主役という「直ぐに見える華やかな事実」
で満している訳です。
巨額のお金が動くか否か?セレブか庶民か?の違いだけで、やってる事は裏口入学も催事の主役獲得も
さほど変わらないのです。

この行為の代償

素晴らしい自分でないと価値のない人間だというプログラム が子供の頭の中に出来上がります。
必ず人生のどこかの時点で心の病気になるリスクが大きくなります。
ある意味子供は犠牲者です。
個人差や程度の差はあれ、このプログラミングが一旦出来上がると生き辛く、
どんな学歴ブランドを持たせてもらっても、一時の満足感だけでいつも渇望してる状態です。
(本人が自覚してるか?否か?は別として)

どうすれば良いの?

親として何を1番望んでいますか?
我が子が心から幸せな気持ちで毎日を過ごしている事、笑っている事を望むなら
親も自分を許しましょう。
許すってどういう事? 何となく分かるけど、どうやったら自分を許せるの?
という方は ご相談ください。
また、
対象人物を異常に叩きたくなる人ご相談ください。
そういう方も自分を許せていない超本人です。
お金で偽ブランドを買える人、堂々と主役を変えろと言える人が異常に許せないのは、常識と正義感と同時にコンプレックスをも持ちながら一生懸命真面目に生きてる人です。
この気持ちも十分体験済みなのでよーく分かります。

大丈夫です。

世の中程度の差はあれ、みんな同じようなものです。誰もかれもコンプレックスを持ち合わせています。
それを自分の力で癒す力があるか、
他人に癒して貰おうとするか、
お金で解決するのか、
の違いだけです。
毒親育ち、毒親だった私でも連鎖を断ち切って自分で自分を許せています。
ご自身でそう気がついている時点で、もう成長できてるも同然ですから。

ご自分を許せると、もっとより良い自分になって親子関係も良くなりますよ

しかし世の中不公平が当たり前とはいえ、最富裕層1%を重んじるアメリカの教育の世界が如実に現れた事件ですね。
親の七光りをきっかけとして、その後実力をつけて大成するパターンもあるでしょう。
それはきっと嘘の世界の中にも本質的には親から肯定されてきた人です。
法的に許されない度が過ぎた出来事、多額な保釈金で解放はされましたが、
親子の関係性はセレブでも庶民でも同じ、お金では解決できないものですね。

だからこそ、1番大切にしたいものなのです。

Photo by Ahmet Yalçınkaya on Unsplash

この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2019 All Rights Reserved.