子供のコロナ疲れ。今子供に1番大切なこと

あみこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

緊急事態宣言が日本にも出されて、以前とさほど変わらないという意見もある中、
やはり意識的には大人も子供も
緊張が続いていますよね。
ですので
普段明るく振舞っているお子様でも、注意深く見てあげたいものです。



そこで質問です。

「コロナ疲れ」対策。今子供に1番大切なものは何だと思いますか?


子供のコロナ疲れに効く具体的な生活方法は色々あります。
今日はそこではなくてもっと根本的なこと。

まずは、そこが整っていないとどんな方法もうまく活用できません。


************************



私は子供の心を安定させてあげる事
だと思っています。



どうやって安定させるのかというと




「優しい」で子供の心をいっぱいにしてあげて欲しいのです。


「子供に甘い」と「子供に優しい」の線引きが難しいという声もよく聞くのですが、
本当はそれについてもお話ししたいけど、
ちょっと棚上げして・・・



今、あなたが人から言われたら嬉しい言葉ってなんですか?
例えばこれを人から言われたら嬉しい〜 とか
ありますよね?

それをご自身のお子様だったらどうかな?と想定して
「優しい言葉」をいつも以上に沢山かけてあげて欲しいのです。
 簡単ですよね。

例えば私なら

1、大変な時も頑張ってくれてありがとう。

2、〜がいるから色々と助かるわ、ありがとう。

3、無理しなくて良いよ、できる事で大丈夫。

4、今の目標何?聞かせてくれる?

5、今の心配、困った事何?聞かせてくれる?



個人差はあると思いますが、私は↑こんな言葉の数々、
大好物ですねぇ〜。



認めてくれている。
必要とされている。
気にかけてくれている。
あなたの考えている事に興味がある。

子供も同様、これを人にしてもらって嬉しくない人はいません。


この積み重ねで幸せが貯金されていくのですね。
逆に出口の見えない「コロナ疲れ」は貯金がどんどん消耗していく大敵なのです。

ですので、今この緊急事態な時こそ親が優しさの貯金を与えていく時なんだと思います。


この貯金が底を尽きてる、またマイナスでも与えて貰えない子供はどんどん心が渇いてしまうのです。
そして
感情を言葉で言い表せない分、得体の知れない孤独感との戦いになってしまうのです。


また、
残念なことにママの心が渇いていると、子供に与えたくても与えられないという
事態になります。
そして真面目に一生懸命頑張っているママさんほど
気の毒なほど渇ざるを得ない事も多いものです。


渇いている理由にもよりますが、実は精神面では私が普段からよく申し上げている
「グローバル教育」に関連する「多様性への尊重」が鍵になっている事が実は多いです。

この先の話は深くなってしまうので
続きが気になる方は遠慮なく個別にご質問くださいね。

参考までに上記の言葉は「コロナ疲れ」でなくても
普段から言ってあげておくと良いですよ。

おうち英語を頑張っておられる方でしたら、英語でサラッと言えると良いですよね。

何語であってもママが心から言ってるが最強、最愛!

また口下手のママは
〜ちゃん/〜くんの事が大好きとハグしてあげるだけでも良いです。
心からの思いはどういう形であれ伝わりますから。



1、大変な時も頑張ってくれてありがとう。
Thank you for always doing your best. 


2、〜がいるから色々と助かるわ、ありがとう。
I’m really glad you’re here to help me.


3、無理しなくて良いよ、できる事で大丈夫。
Don’t push yourself too hard, just do what you can.


4、目標にしている事って何?聞かせてくれる?
What’s your goal? can i hear it.


5、今の心配、困った事何?聞かせてくれる?
Do you have any concerns you want to share with me?

   

あなたは、今日お子様になんと声かけして
「優しさ」をプレゼントしますか?

あみ子


私が運営するグローバル子育て活動では、様々な子育ての問題を
日本教育、海外での教育、とすり合わせながら
ご自身に合うように考えて行動頂くために発信しています。


バックナンバー読まれたい方、行動レベルに落とし込みたい方、個別にご相談されたい方
LINEでお友達追加してくださいね。

Add friend


この記事を書いている人 - WRITER -
あみこ
17年間に渡る海外子育ての経験から様々な切口にて 同じ類に悩む人へ情報を発信しています。 元幼稚園教論 元公文インストラクター 米国NLP協会™プラクティショナー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外子育てグローバル教育のブログ , 2020 All Rights Reserved.